2015年4月30日木曜日

現代アート研究会・沖縄 vol.10「美大生のための、現代美術入門」開催のお知らせ


本専攻の土屋誠一准教授による「現代アート研究会・沖縄 vol.10」が開催されます!
今回のゲストは、美術史家で美術評論家の黒瀬陽平さんです。
当日はUstreamにて研究会の様子を配信予定ですが、ぜひ会場まで足をお運びください!


現代アート研究会・沖縄 Vol.10 
「美大生のための、現代美術入門」


*日時:2015511日(月) 18:0019:30
*会場:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス 一般教育棟3階 大講義室

*入場料:無料(どなたでもご入場いただけます)


*開催概要*
ゼロ年代から10年代、ポスト3.11から東京オリンピック、めまぐるしく移り変わってゆくかに見える時代状況のなかで、「現代美術」はどのような存在であるのだろうか。2010年から現在まで「カオス*ラウンジ」を率いて活動する美術家、美術評論家の黒瀬陽平氏と土屋誠一先生が語り合います。


*講演者略歴*
黒瀬陽平(くろせ・ようへい):1983年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程修了。『思想地図』公募論文でデビュー。2010年に「カオス*ラウンジ宣言」を発表後、アート集団「カオス*ラウンジ」のキュレーションを継続して手掛ける。最近の「カオス*ラウンジ」による展覧会として「キャラクラッシュ!」展(2014年)。2015年4月より、「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校」をスタートし、アーティスト育成の新しい方法論の構築と実践にも着手している。著書に『情報社会の情念』(NHK出版、2013年)がある。




2015年4月16日木曜日

少女マンガの表象研究会研究報告書『美少女戦士セーラームーン研究論集』刊行のお知らせ

本専攻の在学生・卒業生・教員が研究会のメンバーとして参加している少女マンガの表象研究会から、研究報告書が刊行されました。




少女マンガの表象研究会  編/発行
『美少女戦士セーラームーン研究論集』
2015年3月





 研究会メンバーは、彼らの世代に大きな影響を与えた少女漫画である武内直子原作『美少女戦士 セーラームーン』(1992−1997年:『なかよし』連載)について美術的観点からアプローチし、セーラームーン表象にまつわるジェンダーやセクシャリティの問題に言及しています。



研究会ついての詳細は下記のHPをご覧ください。






2015年4月13日月曜日

「ふたたびの出会い 日韓近代美術家のまなざしー『朝鮮』で描くー」展のお知らせ



金惠信准教授が学術協力なさっている展覧会が神奈川県立近代美術館葉山館で開催中です!





ふたたびの出会い
日韓近代美術家のまなざし
―『朝鮮』で描く―

Reappreciated: Korean and Japanese Modern Artists in the Korean Peninsula, 1890s to 1960s. 





      会期:2015年4月4日(土)〜5月8日(金)
   (4月20日に一部展示替え、月曜休館(ただし5月4日をのぞく))
時間:午前9時30分ー午後5時
   (入館は午後4時30分まで)
   場所:神奈川県立近代美術館葉山館
   神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1





本展覧会は下記の会場を巡回します。
新潟県立万代島美術館:516日(土)~ 628日(日)
岐阜県美術館:79日(木)~823日(日)
北海道立近代美術館:91日(火)~ 1012日(月・祝日)
都城市立美術館 1023日(金)~ 126日(日)
福岡アジア美術館 1217日(木)~201622日(火)




*展覧会の詳細については美術館のHPをご覧ください。







土屋誠一准教授『福沢一郎展 ー沖縄の子どもたちへ贈られた34点』展覧会カタログ寄稿

土屋誠一准教授が寄稿された展覧会カタログが刊行されました!





那覇市市民文化部文化振興課 編/発行

平成26年度那覇市文化芸術ふれあい事業
『福沢一郎展 ー沖縄の子どもたちへ贈られた34点』

2015年



[展覧会]
2015年2月3日(火)〜8日(日)
那覇市民ギャラリー





*展覧会の詳細については福沢一郎記念館のHPでご確認下さい。
https://fukuzmm.wordpress.com/2015/01/11/naha_g_fukuz34/




2015年4月8日水曜日

金惠信先生着任のお知らせ


平成2741日付けで
芸術学専攻准教授に金惠信(きむ へしん)先生が着任致しました。
門は東洋美術史、アジアの近現代美術および表象文化研究です。
よろしくお願い申し上げます。